◆脳心臓疾患の労災

長時間労働や、パワーハラスメント等が原因で、脳疾患や心臓疾患等で倒れた場合、労働災害と認定される可能性があります。

昨年度(2017年度)の脳・心臓疾患の労災補償状況を厚労省が公表しており、請求件数840件、決定件数664件、支給決定件数が253件ありました(認定率は38.1%)。

 

認定基準

(1)対象の病気

脳心臓疾患の労働災害に認定される上での、対象疾病は以下になります。

(脳血管疾患)  脳内出血(脳出血)、くも膜下出血、脳梗塞、高血圧性脳症

(虚血性心疾患等)心筋梗塞、狭心症、心停止(心臓性突然死を含む)、解離性大動脈瘤

 

(2)主要な認定要件

①労災認定のポイント

発症前の長期間(発症前おおむね6ヵ月間)にわたって、著しい疲労の蓄積をもたらす過重な業務に就労していたかどうかがポイントとなります。

 

②労働時間の評価の目安

発症日を起点とした1ヵ月単位の連続した期間をみて、以下を踏まえ判断します。特にCの1ヵ月当たりおおむね80時間を超える時間外労働をしていたかどうかが、主要な判断基準となります。

 

A,発症前1ヵ月間ないし6ヵ月間にわたって、1ヵ月当たりおおむね45時間を超える時間外労働が認められない場合は、業務と発症との関連性が弱いと評価

 

B,おおむね45時間を超えて時間外労働時間が長くなるほど、業務と発症の関連性が徐々に強まると評価

 

C,発症前1ヵ月間におおむね100時間又は発症前2ヵ月間ないし6ヵ月間にわたって、1ヵ月当たりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いと評価